1. ホーム
  2. 英文記事のバックナンバー
  3. Email Writing
  4. 2018.11.9

SUBJECT : Invitation to attend external training workshops外部の研修へのお誘い

© Getty Images
Level

メール例

Dear all,

As part of the company’s ongoing investment in our employees, we are offering 20 people the opportunity to participate in all-day external training workshops.

These will be offered in collaboration with MindChange, a prestigious business training company. The workshops will be based on the themes of “Refining your Microsoft Office Suite skills,” “Ways to embrace company diversity” and “How to achieve a true work-life balance.” MindChange is highly regarded for helping acquire skills people can incorporate into their current jobs and utilize in the future.

This is a great chance to take your skillset to another level*. If you wish to attend, please write in* to explain in up to 300 words why you deserve a place in one of the workshops, what you hope to gain from attending and how you will use your new skills. Human resources will then choose 20 participants.

After the events are finished, the participants will be required to brief their business units on what they learned from the workshops and how they will incorporate that information into their work.

The last round of workshops were extremely popular, so we urge you to* apply as soon as possible. The application deadline is November 9.

Best regards,
Hiroyuki

 

Useful Phrases

take your skillset to another level
「スキルアップを図る」の意。take ~ to another level は「~を前進させる、~をレベルアップする」の意味でよく使われるイディオム。

write in
「~を書いて提出する」の意。続く up to 300 words は300語以内で、ということ。

we urge you to
「~することを強くお勧めします」の意。

筆者:
Roger Thackerary (freelance writer)

 

全訳

件名:外部の研修へのお誘い

各位

会社が継続して実施している従業員への投資の一環として、20名に対し、外部の1日研修に参加する機会を提供します。

これらの研修は一流ビジネストレーニング会社、マインドチェンジと協同で提供します。講習会は「マイクロソフトのオフィスソフトの技術を磨く」「企業の多様性を受け入れる方法」「真のワークライフ・バランスを手に入れるためには?」といったテーマを基に進められます。マインドチェンジは、今の仕事に取り入れられ、将来に役立つ技術を身につける支援をしてくれるとして、高く評価されています。

スキルアップのための絶好のチャンスです。参加希望の場合は300 words 以内で、あなたが講習会に参加するに値する理由、参加を通じて何を得たいのか、新たな技術をどのように活用するかを書いてください。人事部が20名の参加者を選びます。

イベント終了後、参加者は講習会から何を学んだのか、その情報をどのように仕事に取り入れていくのか、概要を各部署で報告することが求められます。

前回の一連の講演会は非常に人気がありましたので、できるだけ早く申し込むことをお勧めします。申し込みの締め切りは、11月9日です。

広幸

バックナンバー一覧へ戻るカテゴリー一覧へ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み