Club Alpha

Club Alphaのご利用には購読者専用のログインが必要になりました。詳しくはこちら

  1. Club Alpha Top
  2. Lecture03
  3. 第10回 【2020.6.12 issue】Protests flare again in US amid calls to end police violence

第10回 【2020.6.12 issue】Protests flare again in US amid calls to end police violence

今週の1面は、アメリカで黒人男性が警察に殺害された後、全米規模の抗議活動が起きたというニュースです。

(The 1st paragraph)
Protesters took to the streets across America again May 31, with violence flaring in pockets of largely peaceful demonstrations sparked by the May 25 killing in Minneapolis of George Floyd, a black man who pleaded with a police officer pressing a knee into his neck that he could not breathe.

ここは難しかったと思います。ニュースなどを見て背景知識があれば、どういうことか分かったかもしれませんが、きちんと解釈するのは簡単ではありません。じっくり見ていきましょう。
まず、take to the streetsは「(主に抗議活動のため)通りに出る」。その後のwith以降は、構造はもちろん、使われている語句も難解です。まずは、この講座の受講生なら、もうおなじみ。<with+A+B>の形が使われているのを見抜けましたか? 第4回で初めて扱って以来、何度も登場していますね。withの後ろに何らかの2つの要素をつなげて「AがBである状態・状況で」という意味を表す表現です。
◆ I can’t concentrate with kids (=A) running around me (=B).
(子供たちが私の周りを走り回っている状態では集中できない)
本文ではAに当たるのがviolence(暴力)、Bに当たるのがflaring(発生する)。つまり「暴力が発生している状態で」という意味を表しています。

このコンテンツは購読者会員限定です。

  • 定期購読すると全てのコンテンツが
    ご利用になれます。

    定期購読申込み
  • 定期購読している方、
    メルマガ会員の方はこちら

    ログイン

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる