Club Alpha

Club Alphaのご利用には購読者専用のログインが必要になりました。詳しくはこちら

  1. Club Alpha Top
  2. Lecture03
  3. 第39回【2021.1.8 issue】As the world reopens in 2021, plenty of challenges await

第39回【2021.1.8 issue】As the world reopens in 2021, plenty of challenges await

この「編集長の英文読解術」は、今回が新年一発目の更新。皆様、明けましておめでとうございます。今年はコロナの影響で、静かに年末年始を過ごした方が多いことでしょう。僕も、子どもと近所の公園をはしごしたり、年末恒例のTV特番「プロ野球 戦力外通告」や「超常現象Xファイル」などを見たり、その他たまっていた仕事を片付けたりなど、何ら特別感のない過ごし方をしました。コロナの一日も早い収束を願うばかりです。
さて、今回解説する1月8日号の1面では、「2021年、国内外の展望」という特別記事を掲載しました。今年の国内、海外で起きると予想されることをコンパクトにまとめています。

(The 1st paragraph)
A recurrent theme of the end of 2020 was widespread relief at the end of a difficult year, but 2021 will bring its own challenges.

recurrentはやや難しいですが、大切な語でもあります。これは「繰り返される」という意味の形容詞。主語は「2020年の年末に繰り返されたテーマは」ということ。何が繰り返されたのかというと、「困難な年の最後に、広まった(widespread)安心(relief)」です。ここだけでは、「安心」がどういうことなのか分かりませんが、過去に何度かご説明した通り、英文記事の第1パラグラフは、全体の「予告編」のような側面もあります。reliefの意味は、この後で分かるようになっていますよ。だから、この段階で分からなくても気にしない。
後半のbut以降ではchallengesという語に注目しましょう。日本語で「チャレンジ」と言えば「挑戦」という意味が真っ先に浮かぶと思いますが、「挑戦」⇒「挑戦するような課題」から、「難題、困難」のような意味で使われることもあります。
◆ The world faces the challenge of drastically reducing emissions of greenhouse gases.
(世界は、温室効果ガスを大幅に削減するという難題に直面している)
本文は「(安心が広がったものの)2021年は2021年の課題を運んでくるだろう」という意味を表しています。

このコンテンツは購読者会員限定です。

  • 定期購読すると全てのコンテンツが
    ご利用になれます。

    定期購読申込み
  • 定期購読している方、
    メルマガ会員の方はこちら

    ログイン

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる