Club Alpha

Club Alphaのご利用には購読者専用のログインが必要になりました。詳しくはこちら

  1. Club Alpha Top
  2. Lecture03
  3. 第43回 【2021.2.5 issue】World leaders cheer US return to climate fight under Biden

第43回 【2021.2.5 issue】World leaders cheer US return to climate fight under Biden

今回の1面はバイデン米新大統領がパリ協定復帰の署名をし、世界のリーダーたちが歓迎したという記事です。

(The 1st paragraph)
World leaders breathed an audible sigh of relief that the United States under President Joe Biden is rejoining the global effort to curb climate change, a cause that his predecessor had shunned over the past four years.

まずsighは「ため息」。例えば「安堵のため息」のように、ため息は必ずしもネガティブな感情の現れではありませんよね。これは英語でも同じこと。この「安堵のため息」は、英語ではsigh of reliefです(reliefは「安心」)。本文ではこれがbreathe(息をする)という動詞と結びついて使われていますね。breathe a sigh of reliefで「安堵のため息をつく」という意味です。他にも、give、release、let outといった動詞と結びつきますよ。
さて、ここではsighの前にaudibleという形容詞が付いています。audibleと言えば、某巨大ショッピングサイトのオーディオブックサービスを思い浮かべたかもしれませんが、元は「聞こえる」という意味の形容詞。「聞く」を意味するaudi-に、「できる」という意味の-ableがついて出来上がった語です。本文ではaudible sigh of reliefという形で使われています。「聞こえるほどはっきり安堵のため息をついた」ということ。つまり、それだけ安心したという具合に安心の度合いを強調しているわけですね。
sigh of reliefに関して、もう1つポイントがあります。後ろにthat SV ~がつながっていますね。これはいわゆるI think that SV ~のthatと同じもので「~ということに安堵のため息をついた」という意味です。接続詞のthatは動詞の後ろにつながるだけでなく、こうした使い方もします。結構、奥の深い語ですね。

このコンテンツは購読者会員限定です。

  • 定期購読すると全てのコンテンツが
    ご利用になれます。

    定期購読申込み
  • 定期購読している方、
    メルマガ会員の方はこちら

    ログイン

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる