Club Alpha

Club Alphaのご利用には購読者専用のログインが必要になりました。詳しくはこちら

  1. Club Alpha Top
  2. Lecture03
  3. 第89回【2021.12.31&1.7 issue】A difficult year, but one with plenty of successes to celebrate

第89回【2021.12.31&1.7 issue】A difficult year, but one with plenty of successes to celebrate

今回は、2021年の重要ニュースを振り返る記事を解説しましょう。

(The 1st paragraph)
2021 saw the world head into the second full year of the COVID-19 pandemic, but there were signs of hope as vaccines became easier to get in rich countries. The Tokyo Olympics and Paralympics were a symbol of that hope.

まず、seeという動詞の使い方から。英語では、何らかの時代を主語にした〈時代+see ~〉という形を用いることで、「時代が~を目撃する」⇒「その時代に~が起きる」という意味を表します。
◆ The 20th Century saw major progress in our knowledge of disease.
(20世紀は、われわれの病気に対する知識の大きな進歩を見た)
⇒(20世紀に、われわれの病気に対する知識が大きく進歩した)
本文でも、2021という年が主語になっていますね。ここではsaw the world head into…と〈see+A+動詞の原形〉の形になっていることが見えましたか? これで「Aが~するのを見る」という意味を表します。
◆ I saw her get into a black car.
(彼女が黒い車に乗り込んでいくのを見た)
headは「(~に)行く、向かう」という動詞としての用法があります。ここではhead into the second full year of the COVID-19 pandemicなので「新型コロナウイルス感染症の2回目の丸一年に入る」というのが直訳。2019年の年末に発生した新型コロナウイルスは瞬く間に世界に広がり、2020年は丸一年(full year)コロナとの闘いが続いていましたね。2021年はその2年目ということです。前半は「2021年は世界が新型コロナウイルス感染症の2回目の丸一年に入るのを見た」⇒「2021年に世界は新型コロナウイルス感染症の流行から丸2年となった」という意味を表しています。

このコンテンツは購読者会員限定です。

  • 定期購読すると全てのコンテンツが
    ご利用になれます。

    定期購読申込み
  • 定期購読している方、
    メルマガ会員の方はこちら

    ログイン

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる