Club Alpha

どなたでも会員登録なしでClub Alphaを利用できるキャンペーン実施中

Key04:with + A + B

2018年11月23日号 p.4

Domestic matsutake mushrooms have become more affordable due to a good harvest, with wholesale prices halving in some areas.
(国産マツタケは豊作で、値段がより手頃になった。卸値は一部の地域で半額になっている※英文の一部を省略して掲載)

解説

前半は「国産マツタケは豊作(good harvest)なので、値段が手頃(affordable)になった」という内容。注目していただきたいのは後半のwithです。
withは、<with + A + B>のように後ろに2つの要素をつなげて「AがBである状態で」という意味を表す用法があります。例えば下の文をご覧ください。
◆Don’t speak with your mouth full.
(口にものを詰めてしゃべるな)
ここではwithの後にA:your mouthとB:fullという2つの要素が続いていますね。これは「AがBである状態で」と、どんな状態であるのかを描写する表現ですから、「your mouthがfullである状態で」、つまり「口が(食べ物で)いっぱいの状態で」という意味になります。このようにwithの後に何らかの要素が2つ続いている構造を見つけたら、「AがBである状態で」と、状態を描写していると理解しましょう。

ここで改めて上記のマツタケの文をご覧ください。この場合はwithの後にA:wholesale prices(卸値)、B:halving in some areas(いくつかの地域で半分になっている ※halveは「半分になる」という動詞)という2つの要素が続いていますね。つまり「卸値が、一部の地域で半額になっている」という状態を読者に伝えているわけです。
ちなみに、この構造においてBの位置に置かれるのは、「形容詞(fullなど)」「-ing形(halvingなど)」「過去分詞」「前置詞+名詞」の4つのパターンがあります。以下の例文でチェックしてください。

With the temperatures so low, the snow will remain on the ground.
(気温がとても低く、雪が地面に残るだろう)〔B:low(形容詞)〕

 

I can’t concentrate with kids running around me.
(子どもたちが周りを走り回ってちゃ、集中できないよ)〔B:running…(-ing形)〕

I always sleep with the window closed.
(私はいつも窓を閉めて寝る)〔B:closed(過去分詞)〕

I have more time for my hobbies with the kids at school.
(子どもたちが学校に行っており、私は趣味にかけられる時間がいつもより多くある)〔B:at school(前置詞+名詞)〕

Reading Keys
一覧へ戻る