Club Alpha

どなたでも会員登録なしでClub Alphaを利用できるキャンペーン実施中

Key12:接続詞の後、主語+be動詞の省略

2019年1月18日号 p.3

“... I want to have a title while still in junior high school,” Sumire said on Jan. 5.
(「中学に在学している間にタイトルを取りたい」と菫さんは1月5日に話した)

解説

上記は、史上最年少でプロ棋士となる仲邑菫さんに関する記事から取った一文です。ここではwhileに注目。whileは接続詞で「~である間」という意味を表します。接続詞ということは、本来であればその後に<主語+動詞>が続きますが、while, when, ifなどに続く<主語+be動詞>は、特に書き言葉では省略されることがあります。この文でも、whileの後にI amが省略されています(省略せずに書くと、while I am still in junior high school)。
特に、接続詞の中の主語が主節の主語と同一など、文脈上明らかな場合に省略されます(ここでは、主語はどちらもIですね)。また、省略されるのはbe動詞のみです。
というわけで、接続詞の後に主語・動詞のない文を見たら、慣れないうちは頭の中で<主語+be動詞>を補って解釈しましょう(早速、以下の文で練習してみてください)。

Hugo was bitten by a shark while surfing.
(ヒューゴはサーフィンをしている時にサメにかまれた)〔he wasの省略〕

When on stage, she looked so beautiful.
(ステージに立っている時、彼女はとてもきれいだった)〔she was〕

If used economically, one tube will last for six months.
(節約して使えば、チューブ1つが6ヵ月はもつ)〔it isの省略〕

Reading Keys
一覧へ戻る