1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.3

43,000 more planes needed by 2038: Boeing CEOボーイング、「今後20年で新機4万超必要」

このページを印刷する

急増する需要に応えるため、世界は今後2年間でさらに43,000台の航空機を製造する必要があると、ボーイングのCEO は7月15日に予想した。このアメリカの航空機大手(ボーイングのこと)でCEOを務めるデニス・マレンバーグ氏は、7月16日から始まった航空セクターのファーンボロー国際航空ショーを前に、予想の上方修正をロンドンで報道陣に明らかにした。

最大の競争相手であるヨーロッパのエアバスは7月10日、新興経済と格安航空の高い需要を背景に、世界の旅客機は今後20年間で2倍以上の48,000台になるだろうと予測した。エアバスは、2037年までに世界の需要に応えるために必要な新航空機約37,400台を5兆8000億ドル(652兆円)相当と見積もっている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み