1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.7

Octopus wraps tentacles on booming marketタコ人気で世界的に値上がり傾向

このページを印刷する

スペイン風にスパイスを効かせていても、スライスして刺し身になっていても、料理のタコは自らの人気の犠牲になりつつある。
触手のあるこの軟体動物(タコのこと)の価格は、こうした伝統的なタコ料理の世界的なブームで、過去2年間で約2倍になった。また、漁業者らはまだタコを養殖することはできず、豊漁には海流に頼っているため、供給量は厳しくなっている。国際連合食糧農業機関は、日本、アメリカ、中国、ヨーロッパを含め、主要な市場の全てで需要が高まり続けており、価格は今後も上昇が続くと述べている。一方、モロッコやモーリタニア、メキシコなど最も水揚げ量の多い国々でも、漁獲量は限られている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み