1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.21

Pizza vending machine a hit in Hiroshima広島のピザ自販機が大人気

このページを印刷する

トラック運転手の谷口佳陽さんは、夜に長時間働いていたときにできたてのピザが食べたいと思い、それを製造しているイタリアの会社を見つけ出して、数年後、日本のために同社はそれを開発した。

その自動販売機が広島市西区に7月後半に設置された少し後、それはソーシャルメディアで話題になった。現在、長蛇の列が毎日できるようになり、どんなときでも食べられるピザを求めて40人もの人が並んでいる。ピザは180℃から260℃で5分で焼かれ、マルゲリータと4種のチーズの2つの味がある。

谷口さん(43)は現在は、ピザの自動販売機を設置した会社のCEOとなっている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み