1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.2

As papers fold, ‘news deserts’ expand in US米新聞廃刊相次ぐ、広がる「ニュース砂漠」

このページを印刷する

1,800紙以上のアメリカの新聞が2004年以降に廃刊となっており、公共問題を報じる地元の新聞がほとんどないか、全くない「ニュース砂漠」が拡大していると、10月15日に研究者が明らかにした。

2016年の新聞の最新状況をまとめたノースカロライナ大学メディア・ジャーナリズム大学院による研究で、地方の日刊紙または週刊紙の5分の1が10年半で倒産したことが分かった。その結果、「何千もの地域がニュース砂漠になるリスクに瀕している」と、この報告書は伝えた。

アメリカ国内3,143郡の半数は現在、1紙しか地元の新聞を持っておらず、たいていは小さな週刊紙で、200近くの郡では全く地元の新聞がない。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み