1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.2

Japan can export raw eggs to US for 1st time日本の生卵、米国への輸出解禁

このページを印刷する

日本の生卵は、10月16日に出荷制限が解除され、今後アメリカに輸出できると、農林水産省は発表した。

日本政府はアメリカ政府に対し、2004年から生卵の輸出を許可するよう求めていた。農林水産省によると、アメリカに出荷される卵はこれまで、熱で殺菌されたものに限られていたという。

今後、ハワイとアメリカ西部の州への日本の生卵の輸出が見込めると、同省は述べた。輸出するためには、卵は産卵後36時間からアメリカの目的地に到着するまで7.2℃以下で冷却される必要があるという。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み