1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.2

Yamato to jointly develop flying delivery trucksヤマト、共同で無人輸送機開発

このページを印刷する

ヤマトホールディングスは10月12日、物流業界の人手不足の中、アメリカの企業ベルヘリコプターと共同で空飛ぶ無人の輸送機を開発することに合意したと発表した。

ヤマトは、貨物の容器を開発し、ベルヘリコプターは自動操縦の飛行機の機体を組み立てる。両社はこの乗り物が、最大453キロの重さの荷物を時速160キロのスピードで運ぶことができ、垂直に離着陸して、水平に移動できるようになると予測している。

日本の物流会社は、配達スタッフの不足に対処し、事業の効率を高めようと、最先端の技術に意欲を示している。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み