1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.16

Belgium to buy US-made F-35 fightersベルギー、米製戦闘機導入へ

このページを印刷する

ベルギーは10月25日、ユーロファイター・タイフーンではなく、アメリカ製のF-35ステルス戦闘機を購入することを選んだと発表した。この決定を、批判する人たちはヨーロッパ独自の防衛を構築しようというヨーロッパの試みに対する打撃と呼んでいる。

ロッキード・マーティン社との数十億ユーロの取引で、2023年から老朽化したアメリカ製F-16戦闘機を交換するため、レーダーを回避するF-35戦闘機を34機購入するとベルギー政府は発表した。ディディエ・レンデルス外務大臣は、アメリカのオファーが「値段と運営の観点からベストだった」と語った。

批判する人たちは今回の決定のことを、イギリスのEU離脱を決めた国民投票と、アメリカでドナルド・トランプ大統領が選出されたことを受けてヨーロッパが取り組みを加速してきたより自律的な防衛体制にとって「とても悪いニュース」と呼んだ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み