1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.16

Japan’s job availability improves to 44-year high9月の求人倍率、44年ぶり高水準

このページを印刷する

企業が採用を増やそうとする中で、求人倍率は9月に44年ぶりの高水準に上昇したと、政府のデータは10月30日に示した。厚生労働省によると、求職者1人当たり1.64件の空きがあり、1974年1月以来最も高い水準となり、8月から1.63上昇したという。

日本の失業率は2.3%減少して、前月から2.4%下がり、1990年代初め以降最も低い水準付近を維持していると、総務省は発表した。この数値は、国内柄の強い需要の中で企業が求職者をもっと採用したいと考えていても、高齢化が急速に進む人口では十分な労働者を供給するのが困難であることを示している。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み