1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.7

OECD lowers global growth forecast for 2019世界の景気減速、来年3.5% 成長に鈍化へ

このページを印刷する

経済協力開発機構(OECD)は11月21日、来年の世界経済の成長予測を引き下げ、アメリカと中国との間で進行中の貿易摩擦を含めた逆風を理由に挙げた。

世界の国内総生産は、2019年に実質3.5%増加すると予測されると、OECDは最新の経済見通しの報告書で発表し、9月の予測の3.7%から引き下げた。2018年の成長予測は3.7%と変わらないままにとどめ、2019-20年は3.5%にわずかな鈍化を予測した。

「最近の展開は、世界の拡大がピークに達し、今後2年間では鈍化する可能性があるということを示している」とパリを拠点とするこの組織(OECDのこと)は述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み