1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.7

OECD lowers global growth forecast for 2019世界の景気減速、来年3.5% 成長に鈍化へ

このページを印刷する

経済協力開発機構(OECD)は11月21日、来年の世界経済の成長予測を引き下げ、アメリカと中国との間で進行中の貿易摩擦を含めた逆風を理由に挙げた。

世界の国内総生産は、2019年に実質3.5%増加すると予測されると、OECDは最新の経済見通しの報告書で発表し、9月の予測の3.7%から引き下げた。2018年の成長予測は3.7%と変わらないままにとどめ、2019-20年は3.5%にわずかな鈍化を予測した。

「最近の展開は、世界の拡大がピークに達し、今後2年間では鈍化する可能性があるということを示している」とパリを拠点とするこの組織(OECDのこと)は述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み