1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.7

Ikea plans 7,500 job cuts in e-commerce pushイケア、7,500人削減へ

このページを印刷する

スウェーデンの家具大手イケアは11月21日、事務職を中心に、世界全体で7,500人の人員を2020年までに削減する予定だと発表した。会社を再編し、市の中心部では小規模な店舗とEコマースに事業を集中する。

雇用の削減は、イケアの親会社グループであるインカ・ホールディングスのスタッフの5%ほどに影響を及ぼす。イケアは同グループ最大のブランドで、30ヵ国に367店舗を構え、16万人の従業員を抱える。

人員削減の決定は「よりシンプルで効果的で効率の良い」事業を「どのように導いていくかに基づいた」ものだと、インカ・ホールディングスの小売部門の責任者Tolga Oncu氏は述べ、「当社は市場全体では仕事を倍増してきた」と付け加えた。

世界全体で人員が削減されるが、店舗と配送部門には影響しないと、同氏は述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み