1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.4

SoftBank mobile unit struggles in Tokyo IPOソフトバンク上場、波乱のスタート

このページを印刷する

ソフトバンクグループ傘下の日本の電話会社は12月19日、最近のサービス機能の停止や中国の通信会社ファーウェイの部品の使用についての懸念で打撃を受け、15%下落して、東京証券取引所で手厳しいデビューになった。
始値の1,463円から、ソフトバンク株の初日の終値は1,282円に下がり、12月初めに発表された当初の公開価格1,500円から15%下落した。
宮内謙社長と他4人の幹部は、新規株式公開を祝うめでたい式典で、それぞれ木づちで鐘を鳴らした。「株価の終値が下がったのは残念だった」と宮内社長は認めた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み