1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.21

Microsoft tops Apple as most valuable company米マイクロソフト、時価総額首位に

このページを印刷する

マイクロソフトのクラウド・コンピューティングへの大きな賭けは効果を生み、同社は11月30日にアップル社を超えて世界で最も時価総額の高い企業になった。

このソフトウェアメーカーの見通しは、わずか数年前には暗く見えた。同社のウィンドウズ・システムのライセンス数がパーソナル・コンピュータでの売上において急落していた。

しかし、サティア・ナデラCEOの下で、マイクロソフトは、長期のビジネス契約をつけたインターネット上でのソフトウェアとサービス、言い換えるとクラウドに集中することで安定性を見出した。

それが積み重なって、1990年代のパーソナルコンピューティングパワーハウス(マイクロソフトのこと)にとって再興期となり、フェイスブックやグーグル、アマゾンなど、近年のテクノロジーの寵児を上回った。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み