1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.2.15

Haneda experiments with autonomous buses羽田空港で自動運転バスの実証実験

このページを印刷する

東京にある羽田空港では、2020年までに乗客を輸送するのに自動運転バスを活用する日本で少なくとも1つの空港になることにつながるプロジェクトの一環として、1月に制限区域内で自動運転ミニバスの試験運転を行なう。

羽田空港でのこのプロジェクトは、全日本空輸やNEC、愛知製鋼を含む6社によって開発された。

最大で28人を輸送できるこのバスは、羽田空港第2ターミナルからサテライトターミナルまでGPSを活用して運行する。運転手は安全上の理由で1人乗車していたが、関係者はやがて空港の自動運転バスは運転手なしになると期待している。

日本の他の空港は、同様の実験を実施している。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み