1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.6.21

Target set for cut in industrial food waste食品ロス、2030年度までに2割減へ

このページを印刷する

日本は2030年度までに事業者の食品廃棄物を2016年度比で約20%削減することを目指すと、政府の審議会によって概略が定められた基本政策が5月29日に示した。この政策は、コンビニエンスストアやレストランなどの事業者が廃棄する年間の食品の量を、2030年度までに273万トンに削減することを目指している—2000年度に記録された量の半分だ。2016年度、全国の食品産業廃棄物の合計は352万トンだった。

環境省の中央環境審議会によってまとめられた概略は、日本の食品リサイクル法に基づいており、国連の持続可能な開発目標に準じている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み