1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.21

YouTube to ban ‘doctored’ election-related contentユーチューブ、フェイクニュースの流布禁止へ

このページを印刷する

ユーチューブは2月3日、インターネット上の誤った情報を止める取り組みの一環として、有権者に誤った判断をさせるために「操作または加工された」選挙関連の動画を削除すると発表した。

グーグルが所有するこの動画サービス(ユーチューブのこと)は、ニュースを得る「より信頼できる情報源」となり、「健全な政治的対話」を促進するための取り組みの一環として、こうした措置を取っていると述べた。ユーチューブのポリシーではまた、投票や国勢調査のプロセスについて人々を誤った方向へ導く目的で作られたコンテンツを禁じている。

この動きは、信頼できそうにできる出来事を作るために人工知能を使って改変された「ディープフェイク」動画だけではなく、視聴者を欺くためにより初歩的な技術を用いた「シャローフェイク」動画についても不安が高まるなかで出された。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み