1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.3.20

Nissan slapped with fine over Ghosn scandal日産自動車、金融庁から課徴金納付命令

このページを印刷する

金融庁は日産自動車に対し、カルロス・ゴーン元会長ら幹部の報酬を数年間実際より少なく報告していた問題で、課徴金24億2,000万円の支払いを命じたと発表した。

課徴金は2月28日に課され、金融庁によって課された中で2番目に高い金額だ。最高額の課徴金は73億7,000万円で、財務報告書の虚偽記載で東芝に課された。証券取引等監視委員は、2018年のこの自動車メーカー(日産自動車のこと)とゴーン氏の両方に対する刑事告訴の後、12月に課徴金を勧告した。

この課徴金は、同社が2018年3月までの4年間に幹部の報酬を実際よりも少なく報告していたことを対象としている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み