1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.3.20

Larry Tesler, father of ‘copy-and-paste,’ dies at 74コピペの発明者、ラリー・テスラー氏死去

このページを印刷する

「切り取り」「コピー」「ペースト」など、今となっては当たり前のコンピュータの概念を生み出したシリコンバレーの先駆者だったラリー・テスラー氏が死去した。74歳だった。

彼は、「モードレス編集」と彼が呼ぶものの提案者かつ先駆者としてどんな世代にとってもコンピュータの使用を簡単にした。それは、たとえば、記入モードと編集モードを切り替えるためにキーボードをユーザーが使わなくてもよいということを意味した。「切り取り/コピー&ペースト、検索と置換のほかさらに多くのことを発明した人は元ゼロックスの研究者ラリー・テスラー氏だった。あなたの日々の仕事は彼の革新的なアイディアのおかげで簡単になっている」とゼロックスは2月19日にツイッター投稿で述べた。

テスラー氏はニューヨークで生まれ、スタンフォード大学に通った。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み