1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.5.1

Many coal plants unprofitable in 2020: study石炭火力発電所、2020年は半数が赤字に

このページを印刷する

中国やその他の国々では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、経済を刺激するために石炭火力発電所の増設を計画している可能性があるが、4月8日に発表された調査結果によると、世界の石炭火力発電所の半数近くが今年赤字になるだろうという。

ロンドンを拠点とする環境シンクタンク「カーボントラッカー」は、稼働中かまたは建設が計画されている世界中の石炭火力発電所の95%の収益性を分析した。

カーボントラッカーは、稼働中の石炭火力発電所6,696ヵ所とパイプライン1,046ヵ所を調査し、46%が今年利益を出せなくなり、2019年の41%から増えることが分かった。再生可能エネルギーやより安価な天然ガスが石炭をしのぎ、この数値は2030年までに52%増加するだろうと、このシンクタンクは述べた。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み