1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.5.22

Airlines using idle passenger planes for cargoANA とJAL、貨物輸送を強化

このページを印刷する

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が旅行需要をひどく低下させる中、航空会社は使われていない旅客機を貨物輸送機として再生する取り組みを加速している。

マスクといった緊急物資の輸送需要が世界中で高まり、航空会社はそうした動きへと駆り立てられている。貨物部門の価格が一時的にこれまでの水準の2.5倍以上となっている便もある。

日本航空(JAL)は、旅客機の運行は停止されている中、3月から5月まで国際貨物便として約1,200便の運行を計画している。一方、全日本空輸(ANA)は、同社の旅客機を使って4月に300便以上の貨物便を運行した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み