1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.9.18

More companies pledge to give workers time to vote米、投票のための時間休導入の企業が増加

このページを印刷する

11月の大統領選挙で投票するための休みを従業員に与えることを約束するアメリカ企業が増えている。これは、政府が選挙の日を連邦の休日にしたがらないにもかかわらず勢いを増している取り組みだ。

スターバックスは8月27日、選挙の日にアメリカ国内の同社従業員20万人にフレックス制を与えると発表した。従業員には、マネジャーと事前に計画を立て、投票や投票所でのボランティア活動のための時間のスケジュールを組むよう促している。

ウォルマートは、アメリカ国内の同社従業員150万人に投票のための有給休暇を最大で3時間与えることを明らかにした。アップルは従業員に4時間の時間給を与え、コカ・コーラ、ツイッター、シスコとウーバーは従業員に1日の休みを与える。

DEEP DIVE From The Japan Times

週1回更新、すべて無料! 日本の様々な話題を英語で掘り下げるThe Japan TimesのPodcast。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み