1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.10.16

Airbus aims for hydrogen plane by 2035エアバス、2035年までに水素航空機を導入へ

このページを印刷する

エアバスは世界初の水素燃料の旅客機を2035年までに運用できるようにすることを目指していると、このヨーロッパの航空機メーカー(エアバスのこと)の社長は9月21日に公開された発表の中で明らかにした。

水素はクリーンな燃料で、水蒸気しか排出しないが、それが環境に優しいかどうかは、水素燃料を生産するのに使われている燃料の二酸化炭素排出量による。フランスとその他のヨーロッパ諸国では、環境に優しい水素燃料の開発に数十億ユーロを投資している。

飛行機業界は世界の二酸化炭素排出量のうち最大3%を排出しており、気候変動を進める主因となっている。水素燃料は同じエネルギー量に対して石油の4倍の貯蔵スペースを必要とするため、水素の使用は飛行機に大がかりな設計変更を必要となる。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み