1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.11.20

Mitsubishi Heavy to develop stealth fighter次期戦闘機、三菱重工が開発

このページを印刷する

日本は、2030年代の完成を目指す日本独自の次世代ステルス戦闘機を開発する主な受託業者として三菱重工を選んだと、岸信夫防衛相は10月30日に発表した。

現在は「F-X」として知られている次世代戦闘機は、中国と北朝鮮からの高まる脅威に対抗する軍事力を日本が増強するため、老朽化する戦闘機のアップグレードの一環だ。

次世代ステルス戦闘機は、アメリカと共同で開発され、2035年頃に引退する予定の「F-2」に置き換わる。防衛省は、2021年に587億円の予算をこの戦闘機の研究開発に求めている。

70周年直前!スペシャルキャンペーン

新規お申し込みに限り今だけなんと月額定期購読 2か月間無料!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み