1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.9.17

Private lodgings business shrinks amid pandemicコロナの影響で民泊の減少続く

このページを印刷する

日本で貸し部屋にできる一般住宅、すなわち「民泊」の数は、新型コロナウイルスのパンデミック中の需要の激減と、東京オリンピック中の外国人観光客の流入への期待が打ち砕かれたことで減少した。

日本の観光庁が発表したデータによると、7月12日時点で、民泊向けに登録されている住宅とアパートの数は18,578軒で、これと比較してピーク時の2020年4月には21,385軒だったという。

今年3月までの2020年度には、合計で114万人がそうした民泊施設に滞在し、前年から77%減となった。

「民泊」は2018年6月に民泊施設を合法化する法律が施行されてから注目を集めた。

70周年記念30%OFFキャンペーン

今購読を申し込むと30%OFF+セミナー無料特典付き!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み