1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.11.19

Mazda’s new car to react in emergency situationsマツダ、ドライバーの異変を検知する車販売へ

このページを印刷する

マツダ自動車は、運転手が眠ってしまったり、もしくは動けない状態になった場合に、安全に車両を道路脇に停車させ緊急電話をかけられる技術を搭載した車を2022年に発売する予定だ。マツダ自動車のコ・パイロット・システムは、運転手の姿勢と目線から判断して介入する必要がある時を検知できるようになる。

この自動車会社(マツダ自動車のこと)によると、運転手がコントロールを失った場合、車が運転を引き継いで安全な場所に停車させながら、自動的にクラクションを鳴らし、ウインカーを点灯させるという。

「当社では(車が)(運転手を)守り、飛行機の副操縦士のように安全を確保することを目指しています」とこのシステムの開発担当責任者の栃岡孝宏さんは述べた。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み