1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.1.21

KFC to launch Beyond Meat ‘chicken’ in USKFC、代替肉の「フライドチキン」販売へ

このページを印刷する

ヤム・ブランズ傘下のケンタッキーフライドチキン(KFC)の店舗ではアメリカ全土で1月10日から期間限定でビヨンド・ミート社製の植物由来の「鶏肉」の販売を開始したと、KFCは1月4日に発表した。

KFCはビヨンド・ミート社製の植物由来の鶏肉の取り扱いを2019年8月からアトランタ州で実験的に開始し、翌年からさらに他の地域にも拡大した。

ヤム・ブランズとビヨンド・ミートは2021年2月に、ヤム・ブランズ傘下のKFC、タコベル、ピザハットのチェーン店における植物由来のメニューを「今後数年」をかけて開発するため、世界規模での事業提携を発表した。

大手ファストフードチェーンでは、ビーガン向けとベジタリアン向けのメニューを追加する中で、代替肉メーカーとの事業連携をめぐって争ってきた。
 

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み