1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.4.15

US, Japan agree on new trigger level for beef日米、牛肉セーフガード基準見直しで合意

このページを印刷する

アメリカと日本は2国間協定で、アメリカ産牛肉の輸入に対する安全措置規制を日本政府が実施する発動基準を引き上げることで合意したと、アメリカ通商代表部は3月24日に発表した。

新たな発動基準により日本は、国内市場を保護するための輸入牛肉への緊急関税引き上げを課すことが難しくなる。この措置は、長い間、市場拡大を模索してきたアメリカの食肉輸出業者にとって問題点となっていた。

声明で、アメリカの通商代表キャサリン・タイ氏は今回の新たな合意を「我々両国にとって大いなる勝利」と呼んだ。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み