1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.5.20

Humanoid robots to tackle risky railway tasksJR 西日本、人型重機ロボットを開発

このページを印刷する

日本の労働者不足に対応し、JR西日本は、危険な場所に特化してメンテナンスと建設作業を行なう人型ロボットを開発している。この鉄道運営会社(JR西日本のこと)は、2024年の春にこのロボットの使用を正式に開始したいと考えている。

このロボットは、JR 西日本と、株式会社人機一体、先進的な鉄道インフラストラクチャーサービスの提供会社である日本信号株式会社によって共同開発された。

この鉄道会社(JR西日本のこと)は、電車の車両の上の電線の確認やその他の電気関連の作業といった、労働者に危険を及ぼすおそれがある定期点検と保守管理の作業を機械化してきた。同社は、危険作業を行なう人間の労働者の数を約30%低減する予定だ。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み