1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.5.20

Chopsticks that enhance salty taste developedキリンと明大、塩味を強める箸型デバイスを開発

このページを印刷する

日本の研究者は、塩味を強めるコンピュータ化された箸を開発した。食事におけるナトリウム摂取を減らす必要のある人々を助ける可能性がある。

明治大学の宮下芳明教授と飲料メーカーのキリンホールディングスが共同開発したこの箸は、電気信号とリストバンドに装着されたミニコンピュータを用いて味を強化する。

この機器は、弱い電流を用いて、箸を通じて食品のナトリウムイオンを口に伝達し、それが口の中で塩味の感覚を引き起こすと、宮下教授は述べた。

「その結果、塩味は1.5倍に(強化される)」と宮下教授は述べた。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み