1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.6

Koko, gorilla who ‘spoke’ through sign language, dies in California at age 46「手話のできる」ゴリラのココ、46歳で死去

このページを印刷する

ココは、手話で会話ができる有名なゴリラだった。研究財団が長年ココを研究してきた。6月21日にこの研究財団は、ココがカリフォルニア州ウッドサイドで死亡したと発表した。46歳だった。

「ゴリラ財団は、我々の最愛のココが死去したことを悲しみをもって発表します」と、同財団は声明で述べた。ココは眠っている間に息を引き取ったという。

ココは、手話を使ってコミュニケーションができる数少ない霊長類の1頭だった。ココは口頭での英語もいくつか理解することができたと、同財団は述べた。

ココは1971年7月4日にサンフランシスコ動物園で生まれた。その日付を理由に、花火子(日本語で「花火の子」)と名付けられた。ココが生まれた年、動物心理学者のフランシン・パターソンさんがココと研究を始めた。パターソンさんは、ココにアメリカの手話を教えた。

同財団によれば、ココの手話の語彙は1,100サインを超えていたという。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み