1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.20

Miki Sudo downs 37 dogs to win her 5th straight Nathan’s hot dog contest米ホットドッグ早食い大会、須藤さんが5連覇

このページを印刷する

須藤美貴さんにとって5年連続だ。この大食いの人(須藤さんのこと)は、ニューヨークで7月4日のネイサンズ・フェイマス・ホットドッグ早食い大会で1位を獲得した。須藤さんは10分間でホットドックを37個食べ、2位で28個を食べたアリゾナ州ツーソンのミシェル・レスコさんを破った。

須藤さんのホットドッグ37個という記録は、昨年彼女が食べた41個よりも少なかった。ニューヨークの今年の天候は蒸し暑かった。

須藤さん(32)は、群衆皆が応援する人だ。須藤さんが、コニーアイランドの遊歩道にあるホットドック店ネイサンズ・フェイマスの外でマスタード・ベルト(優勝者に贈られるベルト)を掲げたとき、群衆は大きな声援を送った。

この日系アメリカ人(須藤さんのこと)は2013年から早食い競技を始めた。須藤さんは、タマレス(メキシコ料理)、バッファロー・ウィング(鳥の手羽を揚げた料理)、キムチ、あばら肉、骨付きターキー、巨大カボチャ、バースデーケーキを食べて賞を獲得してきた。

男性部門では、ジョーイ・チェスナットさんが74個のホットドックを食べて11回目の優勝をした。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み