1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.20

Finnish karaoke taxi lets passengers pay for their rides by singingフィンランドの音楽フェス、シャトル運賃の支払いは「歌」で

このページを印刷する

「歌で何かを買う(=格安で買う)」といえば、安く手に入ることだ。しかし、7月初め、フィンランドのチュルク市で人々はタクシー代を歌だけで支払った―現金もクレジットも必要ない。

このタクシーサービスの試験運用は、ルイスロック音楽フェスティバルの開催中の7月6日から8日まで実施された。フェスティバルへ行く人をアウラ川の土手からフェスティバル会場のバス停までの10分間、往復で運んだ。

運転手のTopias Uusipereさんは、この電動のタクシーは乗客が曲に合わせて歌えるようにカラオケの音楽をかけると語った。利用者は乗車前にプレイリストを作成する。しかし、もし歌が止まると、エンジンもストップする。

「この車は歌わないと進まないのです」とUusipereさんは語った。

シャトルサービスは、フィンランドの電力会社Fortumによって運営された。Fortumは、電気自動車への関心を引きたいと考えていた。電気自動車は温室効果ガスの排出を削減することにより、地球温暖化対策を助けることができる。

今年は10万人がこのフェスティバルに参加した。The ChainsmokersやN.E.R.D.、Dua Lipaなどのアーティストが演奏した。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み