1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.3

Swiss folklore fans gather for world’s biggest festival of wooden alpine horns世界最大のアルペンホルンのイベント、スイスで開催

このページを印刷する

スイスのトラクエ山のふもとにある谷に7月22日、木製のスイスのアルペンホルン数百本の柔らかな音が響き渡った。それらは世界最大のアルプホルンの祭典に集まった。

この伝統楽器―ドイツ語ではalphorn、フランス語ではcor des Alpesと呼ばれる―は、喫煙用の長いパイプに似ている。その長さは3メートルを超える。

スイスでは、その滑らかな音が冠雪した山の頂と低く垂れ込める雲を思わせるため、ホルンが好まれる。ホルンは昔、放牧者が牛を呼ぶのにも使われ、よく夕方に吹かれた。

今年はスキーの町ナンダで開かれた3日間の祭典に3500人以上が参加した。この町はスイスのローヌ川の谷の上にあるヴァレー地方にある。

7月22日のグランドフィナーレでは、民族衣装を着た200人以上の男女が、審査員を感動させようと、一斉にホルンを吹いた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み