1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.10

Pawn shop buys violin for $50, finds out it’s worth $250,000質屋が50ドルで買い取ったバイオリン、18世紀に作られた名器と判明

このページを印刷する

マサチューセッツ州のある質屋は、バイオリンを1台、50ドル(5,550円)で買い取ったが、その5,000倍の価値があるとは知らなかった。
ボストンを拠点とするテレビ局WFXT-TVの報道によると、サマービルにあるLBCブティック・アンド・ローンの新入社員がそのバイオリンに支払いをしたという。その後すぐに、警察がこの店に電話をかけ、珍しいバイオリンを持っていないかどうか尋ねたと、店長のディラン・マクダーミットさんは述べた。
警察によると、このバイオリンはサマービル近隣で発生した一連の盗難事件中の7月20日に盗まれたもので、持ち主に返還されたという。
このバイオリンは1759年にフェルディナンド・ガリアーノ氏が作ったものだと警察は述べた。ガリアーノ氏は、バイオリン職人の家庭の生まれだった。その父と同じく、卓越したバイオリン職人だった。
専門家は、このバイオリンは25万ドル(2,770万円)相当の価値があると述べた。
警察によると、バイオリンを盗んだ人物には前科はなく、まだこの事件を捜査しているという。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み