1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.17

Murakami plays some favorite songs, talks about writing on radio show作家の村上春樹氏、TOKYO FM で一夜限りのラジオDJ に

このページを印刷する

ランニング、音楽、小説を書くこと―これらは、ベストセラー作家の村上春樹氏による一回限りのラジオの特別番組の話題だった。

55分間の番組『村上ラジオ』の中で、この小説家(村上氏のこと)は、ジョギング中に好んで聞いている音楽のいくつかをかけた。

村上氏は、作家になるつもりではなかったと述べた。大学を卒業して、東京でジャズバーを経営し、音楽が大好きで、そこから自身の文体が生まれていると、この69歳の人(村上氏のこと)は語った。

この京都生まれの人(村上氏のこと)は、小説の書き方を学んだことは一度もないと言った。そうではなく、彼のスタイルは音楽的なのだという。彼は「リズムとハーモニー、即興」に大いに注意を払っている。

一定のペースを保って走るときにはいつもロック音楽を選ぶと村上氏は述べた。村上氏は「一緒に歌える曲で、理想的には勇気を与えてくれる曲」を勧めた。

この番組は事前に録音されたもので、TOKYO FMで夕方に放送された。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み