1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.21

Hundreds of fun-loving bicyclists ride nude through Philadelphia streets裸で自転車に乗るフィラデルフィアのイベント、燃料の節約と人体の美しさをアピール

このページを印刷する

楽しいことが大好きなサイクリスト数百人が9月9日の午後、フィラデルフィア周辺を自転車で走る準備をしていた―服を脱いで。

毎年恒例のフィリー・ネイキッド・バイク・ライドにボディペイントや飾り付けをした帽子を身に着けて参加するサイクリストもいた。参加者らは「兄弟愛の街(フィラデルフィアの別称)」の通りを約16キロ走行した。そのルートは、独立記念館、アメリカ合衆国造幣局、自由の鐘、フィラデルフィア美術館など、有名なフィラデルフィアの名所を通った。

参加者はどれだけ薄着をしてもよい。裸で自転車に乗った人もいた。下着やマスクを着用していた人もいた。

ナターシャ・メル=テイラーさんは夫のジェレド・グルエンウォルドさんと参加し、3歳の娘のジュニパーさんはチャイルドシートに座っていた。グルエンウォルドさんは前回も参加した。メル=テイラーさんは、自身とジュニパーさんは今回が初めてだと語った。

この自転車のイベントは、化石燃料への依存に抗議し、自転車の安全について注意を向け、人体の肯定的なイメージを推進することを目的としている。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み