1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.28

New study finds adult Americans reading less fiction but more poetry米国人の読書傾向はフィクションが減少、詩を読む人が増加

このページを印刷する

アメリカ人は小説を読むことが減り、詩を読む人が増加している。政府による新しい調査結果によると、美術館を訪れることも多くなっているという。

全米芸術基金は9月12日にこの調査結果を発表した。この調査では、アメリカ人の成人の41.8%が2017年に小説を読んでいることが示された。この数値は2012年の45.2%から減少した。

同時に、詩が人気を高めていた―それでも小説よりは人気がない。昨年、成人の11.7%が詩を読み、2012年の6.7%から上昇した。

しかし、読書をする人全体は減少している。学校や仕事で要求されていない本を読む成人の割合は、2017年は52.7%に減り、これと比較して2012年は54.6%、2002年には56.6%だった。

この調査結果ではまた、美術館へ行ったり、ジャズコンサートやミュージカル、ダンスやバレーといった上演される芸術を観に行ったりする機会は、何年にもわたって減少傾向にあったが、逆転があったことも示された。しかしそれでも、ほとんどのカテゴリーで参加は2002年よりも少なかった。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み