1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.12

Kumamoto assembly member kicked out for sucking on cough dropのど飴をなめて質問した熊本市議、議会から退席させられる

このページを印刷する

のど飴は許されるべきか、許されてはならないか? この問いは、9月28日に熊本市議会を8時間停止させた。

市議会の緒方夕佳議員は口の中にのど飴を含んで演壇で話していた。市議会議員らは、のど飴を含んで討議していたことを批判したが、緒方議員は謝罪を拒んだ。

市議会は議会から緒方議員を退場させる懲罰動議を可決した。緒方議員を除く全議員が、この動議に賛成票を投じた。

「ここ数日間ずっと体調が優れず、咳をしてまわりのみなさんに迷惑をかけないようにのど飴をなめておくことにしました」と、緒方議員は語った。「自分で説明をする機会を与えられずに、議場から強制的に退室させられたことは残念です」。

市議会議員らは、緒方議員が議会の品位を維持しなかった点で、議会の規則を破ったと述べた。

昨年、この43歳の人(緒方議員のこと)は、新生児の息子を議会に連れてきたことで非難された。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み