1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.26

Same-sex penguin couple incubate egg together at Sydney aquarium豪水族館のペンギンカップル、雄同士で仲良く卵を温めることに

このページを印刷する

シドニーにあるシーライフ水族館に住む2羽のオスのペンギンにはとても特別な絆がある。2羽は氷の欠片を使って一緒に巣を作った。今2羽は卵を一緒に温めている。

マジックとスフェンは、今年の繁殖期の前に絆を作り、氷の欠片を集めはじめたと、放送局ABCが報じた。水族館の職員は、2羽は友達以上の関係にあると思ったという。

「私たちがそこへ行くと、マジックとスフェンが互いにお辞儀をしていた」と、同水族館のペンギン部門の監督者であるティッシュ・ハンナンさんはABCに語った。

シーライフ水族館の職員は、このカップルにダミーの卵を与えてみた。ダミーの卵を受け取ると、「2羽はすぐにそれが何かを理解して、抱卵しはじめた」とハンナンさんは付け加えた。職員はそこで、本物の卵をこのカップルに与えた。

世界中の動物園で同性のペンギンのカップルが数組確認されていると、ハンナンさんは述べた。ニューヨークのセントラルパーク動物園にいる有名な1組のカップルは、2冊の子ども向けの本で取り上げられた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み