1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.16

Osaka man busted over high-speed drive in YouTube video「みんなに見てほしかった」 時速280キロの動画投稿で男を逮捕

このページを印刷する

大阪府に住む男が自分の車のスピードを見せびらかしたYouTube動画は、彼を困らせることになった。

この動画は、男性の顔は映していなかった。その代わりに、トンネル内を時速約280キロで走る日産GT-R車のダッシュボードが映し出されていた。新幹線のぞみ号は時速約300キロで走行する。

この動画を見た人物が警察にこのことについて通報した。警察はこの動画を見た後、男性を逮捕した。11月6日に警察は男性を検察に委ねた。男性は1月12日の午前4時10分ごろ、東大阪市内で速度制限を時速約220キロ超過していたと警察は明らかにした。

男性は警察に対し、「みんなに(このYouTubeの映像を)見てほしかった」と話したと、警察は述べた。

男性はスピード違反を認めたが、警察に対し、車の「性能を確認」したかったと話した。

このYouTubeの動画は、運転していた人物によって投稿されたようだ。動画には約20秒で時速0キロから280キロに達する様子が示されている。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み