1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.23

69-year-old Dutchman wants to change his age to 49, says it’s just like changing genderオランダの69歳の男性、年齢を20歳の若返り求め申し立て

このページを印刷する

エミール・ラテルバンドさんは、年齢は単なる数字だと考えている。そして彼のその数字は、このオランダ人(ラテルバンドさんのこと)が変更したい数字だ。ラテルバンドさんは69歳だが、オランダの法廷に自分を49歳にする新しい生年月日を与えてほしいと考えている。
このテレビ番組の司会者(ラテルバンドさんのこと)は、年齢の変更は、性別を変更する人と同じはずだと述べる。
「この選択の自由、名前の変更の自由、性別の自由があるなら、私は自分独自の年齢を持ちたい。自分のことは自分でコントロールしたい」とラテルバンドさんは11月8日に述べた。
ラテルバンドさんは、社会における年齢差別を避けたいと言った――特に出会い系サイトでの。
「ティンダー(出会い系サイトの一種)にアクセスすると、女性はそこにほかにもいるというのに、私には68歳とか69歳からの女性があてがわれる」。
しかし、人権の専門家は、年齢による差別と性別による差別は同じではないと述べた。ユトレヒト大学のマリオライン・ヴァン・デン・ブリンク氏は、性別は「生まれてから死ぬまであなたについてまわる」と語る。一方、高齢であることへの差別は、40か50歳より若いうちは発生しない。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み