1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.30

Electronic driving systems don’t always work, US auto association tests show「運転支援システムは事故を防げない」 アメリカ自動車協会の試験結果

このページを印刷する

最新の車の多くには、電子運転支援システムと呼ばれる最先端の安全技術がある。自動車メーカーでは、このシステムは車を車線内にとどまらせたり、衝突を防いだりするのに役立つと述べている。
しかし、アメリカ自動車協会(AAA)による試験では、運転支援システムがいつもうまくいくわけではない可能性があることを示した。運転手はこのシステムに頼りすぎるべきではなく、常に自分でコントロールする心づもりでいるべきだと、アメリカ自動車協会は警告した。
こうしたシステムの中には、名称に「パイロット」という言葉が入っているものもある。AAAは、この言葉から車が自分で運転できると思ってしまう運転手もいると述べた。これは「正しくない」と、AAAのグレッグ・ブランノン氏は語った。
「こうしたシステムは運転の支援として作られていて、自立したものではない」とブランノン氏は述べた。
AAAでは、テスラ・モデルSと2018年の日産ローグを含む自動車を試験した。テスラのシステムは「オートパイロット」と呼ばれ、日産のシステムは「プロパイロット・アシスト」と名付けられている。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み