1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.7

Leaning Tower of Pisa straightened by 4 cm after 2 decades, say engineersイタリアの「ピサの斜塔」、4㎝だけまっすぐに

このページを印刷する

ピサの斜塔は傾いていることで有名で、エンジニアらは数十年間、この鐘の塔をもっとまっすぐにしようとしてきた。最新の発表で、エンジニアらは11月22日、この塔は過去20年間をかけて4センチまっすぐになったと述べた。

有名なトスカーナ州の都市にあるこの鐘の塔の傾きは、国際委員会、ヌンツィアンテ・スクエリアによって検査されている。ANSA通信によると、11月22日にこの委員会は、まっすぐになっていることは良い知らせだが、この塔の全体的な構造健全性はもっと重要だと述べているという。

この鐘の塔は1990年に閉鎖し、エンジニアらが傾きをまっすぐにするために作業を開始した。彼らは何トンもの鉛の釣り合いおもりを基礎に取り付け、基盤の下の土を取り除いた。2001年までに、この塔は45センチまっすぐになった。

12世紀にできたこの塔は2001年に再び一般公開された。2008年に、エンジニアらはこの塔は少なくともあと200年間安定するだろうと語った。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み