1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.14

Mikan adds splash of color, flavor to wagyu burger in Wakayama hotel menu和歌山県、和牛とみかんを使ったご当地バーガーが人気

このページを印刷する

和歌山県のあるハンバーガーはとても特別な材料を使っている。そして多くの観光客がそれに気がつきはじめている。

そのハンバーガーは「熊野牛みかんバーガー」と呼ばれ、ある和歌山県のホテルが生み出した。このハンバーガーは和牛のスペアリブと―トマトの代わりに―スライスしたみかんが入っている。

熊野牛は同県南部の熊野地方産の和牛のブランドだ。和歌山県は日本全国で食べられているみかんの最多生産地だ。

このハンバーガーは、休暇村紀州加太ホテルの秋冬メニューに載っている。ホテルのシェフの西田慎さんは、みかんとマリネした牛のスペアリブと特別な自家製ソースでハンバーガーを作ったと語った。このソースはみかんの果汁で作られている。

ほとんどの観光客がこのハンバーガーの写真を撮ると、同ホテルは述べた。

熊野牛みかんバーガーは、2月いっぱい同ホテル内のカフェ「風の歌」で提供されている。1つ500円で、ドリンク付きのセットメニューは800円だ。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み